スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニマルコミュニケーターのお話会

画像 025-w300
てへっ!

27日(日)は、アニマルコミュニケーターによるお話会でした。
以前次元のことでコミュニケートしてもらったことがあって、それがご縁で
お話会のお誘いをいただいたので、次元関係で知り合った友人3人と
参加することにしてました。

ちょっと前に1人、参加できなくなってしまったのですが、
当日は私を含め、3人で参加しました。
大井ご夫妻のお話は、とても明るくて楽しく、動物達に対する愛情が
とても強く感じられて、2時間がとても短く感じられました。

次元の時もそうだったけど、いろんな問題を抱えたワンコやニャンコの
実例が紹介されて、最初に写真を見ただけで涙が出てきてしまい、
「何で?」と思っている間に実際のコミュニケートのお話を聞くにつれ、
滂沱の涙になってしまい、「目が腫れちゃう・・」「化粧がぁ・・」と思いつつ、
涙と鼻水が大変なことになってました。(私だけじゃなかったけどね)

友人2人のうちの1人には次元とのコミュニケートの内容をプリントアウトしたものを
見せたことがあるので、今回のお話会の後、亡くしたポメラニアンのコミュニケートを
頼んでみたいと言っていました。
もう1人は、私と同じスピッツの親娘を立て続けに亡くして、今は新たにまたスピッツの
女の子を迎えて、新たな子育てを始めてますが、その人も頼みたいと言ってました。

瞑想状態から潜在意識同士の交流をしなければいけないコミュニケートは
とても私達の手に負えるものじゃないと思いましたが、覚醒状態のままでするコミュニケートは
とてもしてみたいと思いました。
なぜなら、散歩の時に出逢ったワンコと自分のワンコが喧嘩になるのか否か?とか
次元には「最初はお留守番時間を短めにしてあげて」と言われたけれど、それも
事情が許さず、連れ帰った翌日から8時間余のお留守番をさせてしまい、その後も
そんなペースで短くても5時間くらいのお留守番をさせてしまっているブランの気持ちも
聞きたいなぁと思ったからです。

・・ふふ~ん、難しそうだぁね?
でも、時間の許す限り、一緒にいるから許してね、ブラン!
スポンサーサイト

テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット

アニマル・コミュニケーション


アニマル・コミュニケーション・・・とは、動物の生死に関わらず、
その子の言いたいこと、飼い主さんの伝えたいことを動物と飼い主との間に立って
伝えることです。


次元が亡くなった時、次元の前の犬の時よりはひどくなかったものの、
ペット・ロスというものになりました。
「病気を知っていたのだから、ひどくなる前にもっときちんと手を打つことはできなかったのか」
「うちに来て、幸せだったのか」
とか、問いかけても仕方のないことを自問する日々でした。

そんな時、『セカンド・ヴォイス』というアニマル・コミュニケーションのサイトに辿り着きました。

http://animal12.sakura.ne.jp/

動物と話ができるなんて、よくテレビではやっているけど、本当なのかな・・・と実は疑問でした。
ただ、飼っている人は自分の犬や猫が何となく、こんなことを言っているんじゃないかな、という
想像はできるのだから、そういうコンタクトを取れる人が居ても不思議ではないのかなという気はしてました。

実は次元が亡くなってから、このコミュニケーションをお願いしました。
その時にコミュニケーションをして下さる方にお知らせしたのは、家族構成、
次元がその家族をどういう呼び名で認識していたか、あとは写真だけです。
質問は3つ。それは伝えたいことでも、聞きたいことでも良いのです。
あとはあちらで好きだったこと、最後に言いたいことというのを聞いてくださいます。

コミュニケーションの様子は下記に書き込みます。
長いので、興味のある方お読み下さい。


Q : どんなところにいるの?
A : 光が眩しくて活気があるところだよ。大きなシャボン玉の中にいるような感じかな。

Q : 孤独や寂しさを感じる?
A : ハハハ(笑)ここには寂しさなんかないんだよ!

Q : 亡くなった時の体調は?
A : お腹の上の方に少し痛みがあったよ。腰が痺れる感じだった。後脚に力が入らなかったよ。身体全体が朦朧とする感じだったよ。

Q : 病気というものをどう思う?
A : 良いことじゃないよね~。

Q : ママが「症状が悪化しているのに、気が付いて上げられなくてごめんね」って言っているよ?
A : 心配してくれてありがとう。大丈夫だよ。僕はきっと僕のタイムリミットを迎えただけだと思うよ。治らない病気だってあるんだよ。

Q : そこから家族が見える?
A : 見えるよ~。(楽しそうに)

Q : 家族を見ると、どんな気持ちになる?
A : 嬉しくて笑っちゃうよ。

Q : ママはどんな風に見える?
A : ママは忙しそうだね。でもわざと忙しくしているように見えるよ。僕が居ないことがママを悲しませているんだね。

Q : 君の仕事は何だったの?
A : お家を守ることだよ。だからお留守番も頑張れたんだ。僕は男だからね。

Q : 好きだったことは?
A : ママと過ごして、ママの話を聞くことが楽しかったなぁ。

Q : ママの話の内容はわかった?
A : ちょっと分かんなかったかな~?

Q : ママをどう思う?
A : 大好きだよ。僕が最も信頼している人だよ。それは今も変わらない。僕は誠実な心でママに接していたんだ。

Q : ママに言いたいことはある?
A : ママと離れちゃったことは、とても残念に思っているよ。ママ、いろんなことを考えすぎちゃダメだよ!

Q : ママは君の死をとても悲しんでいるんだ。ママが新しい犬を迎えることをどう思う?
A : もちろん大賛成だよ!素晴らしいことだと思うよ。

Q : どんなワンちゃんが良いと思う?
A : お家の中をコロコロと走り回る、元気な子に会えるよ、きっと!お家を守らなきゃいけないから、やっぱり男の子かな~?でも、始めはお留守番を少なめにしてあげてね。

Q : この家で過ごして幸せ?
A : もちろん幸せだったよ。充実していたから満足しているんだ。

Q : ママの子で幸せ?
A : ヘヘヘッ!もちろんだよ!僕はのんびりタイプだったけど、立派にしてくれたじゃない?!

Q : 最後にママに言いたいことはある?
A : ママ、ごめんね。ホントはね、もう少しだけママを支えてあげていたかったんだ。今は僕もままも悲しい気持ちだけど、またいつか一緒になれる非が来るよ。新しい子(犬)を迎えれば僕も安心だよ。僕が見守っているからさ!・・・いつもだよ!

ちょっと省略してますが、3つの質問、言いたいことを伝えるだけで、これ以上の質問をしてくれてます。
このコミュニケーションをしていただいたことで、心のつかえが取れて、虹の橋を渡った次元も
あちらの世界で幸せにしているんだとわかって、安心しました。

テーマ:犬との生活
ジャンル:ペット

パーティとは・・・

2009.09.23 20:52|ブラン
画像 023-w400
ブランの背中

ほぼ白毛のブランには背中と尻尾の付け根と右脇に少しグレーのブチと
頭に薄いベージュの鉢割れがあります。
でも、パーティとは適当な名前を付けたものだなぁ・・と思います。
本来ポメラニアンは一色なんじゃないかと。
で、例えば黒なのに足先だけとか、口元だけとか白が出てしまったものを
「ミスカラー」と呼んでいるようですね。
だから、パーティって要するに、出てはいけない所に他の色が出たものを言うのではないかと。
ま、私には関係ないですけどね。
AB型で天邪鬼なので、人とは違うものが好きな性分ですから、「何だか違う」というものを
好む傾向にありますので・・・。(笑)

写真は残念ながらブチがうまく撮れてませんが、散歩中のブランの姿です。
ペットショップ暮らしが長かったためか、人は大好きです。呼ばれもしないのに寄って行き、
馴れ馴れしくも前足をかけ、「ね、ね?可愛い?」・・とやります。
ブランに目を留めて、止まってくれる方は大抵犬好きですので、
「あらまぁぁぁぁぁ・・・可愛いぃぃぃぃ~~」って感じで撫で撫でしてくれることになります。

テーマ:ポメラニアン♪
ジャンル:ペット

秋の雲

2009.09.23 20:36|ひとりごと
画像 021-w400
ちょっと変わった雲の出方

次元にしてもブランにしても、毎日散歩に出ているけど、
下を向いていることが多くて、空を眺めることは少ないように思います。
でも、海のある公園は空まで見渡せちゃう感じです。
これって、うろこ雲って言うんでしょうか・・?それにしても空の境目が
ちょっと面白いですよね。

画像 022-w400
上の写真の雲のつながっている部分

上の写真のつながった部分は、こんな風にちょっと羽みたいに広がってます。

次元が亡くなってからブランが来るまでの3ヶ月くらいの間、外に出るのは仕事の時だけ。
なので、暑さがひいて、空が高くなって、雲がきれいに広がって・・・なんていう
自然の営みを眺める時間を作らなかったので、久しぶりに見る空の綺麗さでした。

テーマ:その、空の色。
ジャンル:写真

次元・・・私の宝物

2009.09.22 13:32|次元

凛々しき先代犬 次元

何と言っても、私の今までの宝物は、↑の次元でした。
スピッツの中でも大柄で、おっとりしていて甘えん坊で、他の人にはどうでも
私はとても利口だと思っていたワンコです。
私に友人を増やしてくれ、外国に紹介される日本犬の本にスピッツとして
写真を載せていただいたり、数々の犬雑誌に写真が載って、私を狂喜乱舞?させて
くれた優しいワンコです。

今年6月にクッシング(副腎皮質機能亢進症)という進行性の病気で亡くなりました。
(脳下垂体に腫瘍ができ、脳の誤った命令を受けた副腎が自らの肝臓を傷めてしまう病気で
 薬を投与していても、腫瘍がある限り症状が進行してしまう病気です。予防ができない病気で
 かかってしまったら不運・・って感じですね。)
享年12歳でした。もう少し長生きしてもらいたかった、私の宝物です。
もう1つの小さい宝物を今、手にしていても、やっぱりあの大きさが恋しいことが
ありますね。腕一杯に抱えられた、あの大きさが・・・。
今でもこの子のことを考えると涙が止まらなくなります。

さて、もう1つの小さな宝物、落下事故がとても心配だったので、
祭日は午前中は普通診療をしている次元のかかりつけの病院へ行きました。
健康診断ということにしておけば良いと思ったのと、そろそろ公園に
頻繁に行くようになったら、フロントラインもしてもらいたかったからです。
次元に要らなくなってしまった10~20キロ用のフロントラインは
私の弟が飼っている犬に上げてしまいましたので・・・。

病院で待つこと10分余。入れ替わり立ち代り数人の先生が待合室に出て来る度に
私の顔を見ては、「あれ?」という顔をされ、膝に乗せたブランを見て、
「あ、新しいワンちゃんを飼われたんですね?」とニコっとしてくれます。
問診票のようなものに落下のことを書いたので、色々見てくれました。
首が曲がっていないか、目に異状はないか、歩く様はどうか、脚の様子はどうか。
結果、今のところは問題なし・・ということでした。
まぁ、そうだろうとは思いました。レントゲンを撮ったわけでもありませんしね。
何か問題が出るとすれば、ある程度年齢が行ってからだろうと。
脳の病気で亡くした次元の後だけに、後々頭に何か異常が出ることが心配です。

でも当のブランは、とっても元気。頭を打った後も走り回り、
ぬいぐるみをぶんぶん振り回し、少しもじっとしていません。

今日(22日)も元気に散歩に行って来ました。


テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット

落ちたっ !

2009.09.22 13:06|ブラン
画像 018-w400
海がある公園

我が家にブランがやって来て、早二週間。早いものです。
すっかり慣れて、家の中では噛み噛み皇子です。

次元の散歩していた公園の近くに海のある公園があります。
砂浜は犬の立ち入りは禁止ですが、とても広々していて素敵な公園です。
ただし、屋根のある部分がないのと、風避けになるものがないので、
真夏と真冬の散歩には適していません。

最近は気候が良くなったので、海のある公園へ出かけました。
相変わらず、他のワンコに出逢うとびびってしまうブランですが、
私が「ご挨拶」と称して、お尻を向けさせても、別に震えることはないブランです。

さて、そんな広い公園で草の臭いを嗅いだり、生意気にウンチなどをしたりして、
帰宅し、脚を洗おうとした時のことです。
洗面所から下の床までは85センチほどあります。
その床へ、何を思ったかポ~~ンと飛び降りたのです。
ゴツッという音と同時にキャンキャンキャンキャ~~ン」と大声を上げました。
前足からダイブしたんですから、頭を打ったような音に私も大慌てでした。
鳴き止んでから、頭は大丈夫か、脚は大丈夫かとチェックしました。
頭も足も触ってもまったく痛がりません。歩く姿も普通です。
でも、とても心配だったので、先日行った個人の動物病院に連絡しましたが、
やはり連休でお留守のようだったので、次元がお世話になった病院へ
電話をしました。

「歩くとぐるぐる回るとか、目がキョロキョロするとか、食欲がなくなるとか、
そういう症状が出たら、またご連絡下さい。症状が出ないうちは何も
できることがないと思います。」と言われました。
まぁ、考えてみたらそうですよね。どこも痛がらないし、歩く様子も普通ならね。
とにかく今日一日は様子を見ようということにしました。

夕方買い物中に先ほどの病院から電話があって、「仔犬ちゃんは大丈夫ですか?」と
聞かれました。
先代の次元がとてもお世話になっていた病院だったので、先代の名前を言っただけで
電話に出てくれた先生もわかって下さいましたが、夕方お電話をくれた先生も
「次元ちゃんの後の仔犬ちゃんなんですね?」とわかってくれたようでした。
様子がおかしくなったら、いつでもすぐに連れて来て下さいと言われて、
電話を切りましたが、シルバーウィークと言われる中型?連休でも
電話が繋がり、診察もしてくれるという病院がかかりつけだったことは、
とても幸せなことだと改めて思いました。

テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット

9月6日(日)のお迎え

2009.09.22 12:27|ブラン

ここはどこ?

初めて家に来たブランの写真です。
ショップで爪きりとかしてもらって、リボンも付けてもらいました。
小さい子だから似合うのかなぁ。

さて、9月6日はブランに初めて会いに行った日と違って、
よいお天気でした。
その日はバス停から降りて、少し迷いましたが、今回はバッチリ。
先週行っているので、係の女性はすぐに気づいてくれました。
ブランを連れて来てくれて、ブラシと爪きりと耳掃除をします、と
私達が手続きをしている間に、二人がかりでしてくれていました。

「お名前はもう決まったんですか?」と言われたので、
「はい。フランス語で『白い』という意味の、ブランにしました」と告げると、
「ブランくんだって。素敵な名前ねぇ。」と言ってくれました。
前日に用意したバッグ(今は散歩に行くのに入って行ってます)では、
頭まできちんと入れてしまうには小さい気がしたので、新たにバッグを購入です。(涙)
それに入って帰途に着くブランです。(出身は岐阜県ですが)
バス、電車を乗り継ぎますが、うんともすんとも言いません。

先代の次元が仔犬の頃に寝る時にだけ使ったいたサークルを
組み立ててあった所へ、ブランをバッグごと入れて、様子を・・・と
思ったら、バッグを開けた瞬間にお外にお出ましでした。

1276354601_128-w520.jpg

トイレが失敗するかな?夜鳴きをするかな?
・・全く心配する必要はありませんでした。
今は時々違ったところで出ちゃうことがあるけど、
当日は100%完璧なトイレでしたし、夜はサークルの隣に布団を敷いて
休みましたが、夜鳴きもなく爆睡でした。

テーマ:わんことの生活
ジャンル:ペット

公園デビュー

2009.09.20 01:48|ブラン
画像 011-w400

画像 012-w400


ひゃっほ~!
今日は先代次元の友達に会いに公園に行きました。
自転車に乗るのも慣れたものです。
次元が一杯一杯だったカゴにも、バッグと共にゆったり。
バッグの中をあっち向いたり、こっち向いたりと余裕です。
結構スピード出ても、段差をガタ~ンと乗り上げたりしても
全然平気です。

公園は4回目です。でも、いつもはあまりワンコのいない遅い時間に行くので、
友達は帰った後なので、今日会うのが初めてです。
今までも家の周辺だけで、それも隣のマンションまで行くのが精一杯だったので、
ほとんど他のワンコに会ったことがないブランです。

今日は次元の跡継ぎとも言うべきブランが来るというので、みんな集まってくれていました。
みんなは大体シニアの仲間入りをしているような年代なのですが、
ブラン自身が挨拶の仕方を知らないので、私が抱っこしてお尻の臭いを
嗅いでもらいました。
飼い主さん達には愛想が良くて、人見知りしないんだけど、
ワンコ達には超びびり・・・。ワンって言われちゃったこともあって
ちょっと怖かったね。

いつも知らないワンコに会うと吼えて止まらないお友達もブランには
あまり興奮せずに相手をしてくれたし、先代次元の彼女?だったスピッツの
女の子にはとっても優しくしてもらいました。

びっくりはしたけど、ポメ特有のキャンキャン鳴きもしなかったし、
尻尾は下がったけど、震えてもいなかったので、もう少し慣れたら遊べるかな。

先代の次元は、仔犬の頃から大きなワンコやずっと大人のワンコに挨拶するのが
上手で、よく一緒に遊んでもらいました。長じては小さいワンコにも分け隔てなく
紳士に対応する子でした。そんな次元おじちゃんのようになってくれるかなぁ・・ブランも?

まだまだ4ヶ月が過ぎたところです。焦ることなく、ブランを観察しつつ、協調性のある子に
育てて行きたいと思っています。

テーマ:ポメラニアン♪
ジャンル:ペット

最初の出会い

2009.09.19 02:39|ブラン

これが出会いの写真です。

某ペットショップのホームページに
載っていた写真です。
食べてしまいたいほど可愛い・・・
とは思えない写真ですよね。
この不思議なたたずまい。

最初は次元(先代犬/スピッツ)に
似た白いポメラニアンが良いと思ってました。
それが、クリームも可愛いか?
一色よりパーティの方が個性的かな?に
変わって来たのでした。
というより、この子の写真を見て、
「あぁ、パーティっていうのもありかな」
って思い始めたというかなぁ。

01328F520FF7F_2_m.jpg

これは動画の最初の写真です。
動画で初めて背中とお尻の辺りに
グレーのブチがあることがわかりました。
「この子に会ってみたいなぁ」と
思ってしまったんですね。

・・そして8月最後の日曜日。
大宮までうちの下宿人である友人の娘と
出かけたのです。

続きは、またね。


テーマ:ポメラニアン♪
ジャンル:ペット

初めまして

2009.09.18 02:03|ブラン
画像 008-w400

初めまして。
ホワイト系パーティのポメラニアン、
Blanc(ブラン)とままのブログへようこそ!

更新もままならないとは思ったのですが、
仔犬の頃にすることって、成犬になってからでは
見ることのできないことをいっぱいしてくれるので
その記録として書いて残したいと思って始めました。
・・といういたって自己チュ~なブログなので、
お時間のある方は寄って行ってやって下さると
ブランまま、嬉しいです。

Blanc(ブラン)とは?
フランス語で「白い」という意味です。
モン・ブランって白い山っていう意味なんですよね。

白い、という意味では、ブランが来る3ヶ月前に亡くなった
スピッツの「次元」の方が断然真っ白でしたが、
Mixの白×黒ブチの「五右衛門」とスピッツの「次元」と
続いたのに、この子には何だか日本名は似合わな~いと
思って、ない頭ひねりまくりで考えました。
この2頭の後だから「アルセーヌ」とか?ね。
(・・なんて、すみません。わかる方だけウケテ下さいませ)
偉人、聖人の名前とか、「幸せ」とか「太陽」とかって
外国語で何て言うんだろう・・・なんてネットで調べたりして。

で・・大部分が白いってことで、「ブラン」
とってもいい加減というか、何と言うか・・・。
まぁ、そんな飼い主事情を知る由もないブランは
2日ほどで名前を覚えたみたいです。

はてさて、こんなブラン。
私との出会いはどんな感じだったのか・・・。
それはまた後日書くことに致します。
本日は初日にて、これまで!
ご静読、ありがとうございました。

テーマ:ポメラニアン♪
ジャンル:ペット

08 | 2009/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

ブランまま

Author:ブランまま
☆AB型・・つかみどころがない、
  天然って言われてます。
☆ワンコはブランで3頭目。
☆趣味はブランと遊ぶこと、
 映画を観ること、ショッピング

カテゴリ

最新記事

最新コメント

リンク







管理

月別アーカイブ

QRコード

QRコード

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。